美容

鼻の黒ずみを発見したのは中学生のとき

鼻の黒ずみを最初に発見したのは中学生の時でした。それよりも前からきっと存在はしていたのでしょうが、はっきりと、鼻の黒ずみというものを意識したのはその時でした。ちょっとおませなクラスの女の子の持っていたファッション雑誌でその存在を知りました。慌てて、鏡を見ると自分の鼻にも存在していました。毎朝鏡を見ていたのに、全然気がつきませんでした。その日から鼻の黒ずみとの戦いが始まりました。

鏡を覗き込んではため息をつきました。いったん、鼻の黒ずみが気になると、顔を見ても鼻の黒ずみばかりが気になってしまいます。

鼻パックをしすぎて鼻の皮膚が乾いてカピカピになっても、洗顔をしてもちっともよくなった気がしません。

いけないことだと知りつつも、鼻をいじりすぎて、鼻が赤くなっている始末でした。

少し落ち着いたのは高校生になってからでした。高校になって、コンタクトをしたら、鏡を鼻先に近づけなくてもよく自分の顔が見えるようになりました。人の顔もよく見えるようになりました。容姿の中で鼻の黒ずみ以外にもいろいろ問題があることに気が付き、鼻の黒ずみ地獄からはひとまず解放されました。

そして、時はたち、縁があって、結婚式を挙げることになりました。その時にエステを受けました。そこで、鼻の黒ずみがアッと言うまに綺麗になって感動しました。中学生の自分に見せてあげたいくらいツルリとした鼻を一瞬だけ手に入れることができました。

鼻の黒ずみ除去はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です