美容

乾布摩擦とマッサージで冷えを改善

体が冷えてくると、むくみの原因となってしまいます。
特に冬は身体も冷えやすいので気をつけたいものです。

最近はあまりやっている人を見かけませんが、乾布摩擦というのがあります。
冬の寒い時期に身体の表面をタオルなどで擦ることによって、摩擦熱で身体を温めるというものです。

私は正直なところ、乾布摩擦はあまり効果がないと思っていました。
しかし、寒冷じんましんになった時に、試しに肌の表面の擦ってみました。
すると、血行が良くなりじんましんの痒みが無くなっていきました。

寒い時に両手を擦り合わせますが、乾布摩擦はそれを全身で行うのだと思います。
美容のために肌を守るためにも、マッサージをして血行を良くするのも乾布摩擦の原理と同じなのかもしれません。

体が冷えるということは血行が悪くなることなので、やはり血行を良くするためには肌の表面を擦ってあげるのが良いようです。
今年の冬は乾布摩擦のようなマッサージを全身に行い、なるべく血行不良にならないように気をつけたいと思います。

その時に肌の摩擦を減らして血行を良くするためにも、クリームなどを塗った方が良いかもしれません。
摩擦は熱を起こしますが、しわやたるみという余計な副産物を生むかもしれません。

体を温め、身体を冷やさないようにするのが目的なので、やはり血行を良くするマッサージが最適なような気がします。
特に下半身を冷やすと、さまざまな病気の元になってしまうので気をつけたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です